社会人2年目が「きつい」と感じる人へ【乗り越える方法を伝授する】

社会人2年目が「きつい」と感じる人へ【乗り越える方法を伝授する】

 

<strong width=

社会人2年目に突入しているけど
毎日の仕事が「きつい」と感じてしまう。

この状況を打開する方法を知りたい。

 

そんな悩みに答えます。

 

本記事の内容

・社会人2年目が「きつい」と感じる具体的な理由

・仕事が「きつい」の打開策

・社会人2年目だからこそ考えるべきこと

 

入社してからあっという間に2年。

多くの人が「想像していた姿と違う」と感じているでしょう。

それは

仕事の内容だったり自分の成長だったりと、さまざま理由があると思います。

そんな中で、今回は

社会人2年目で仕事が「きつい」と感じている人へ向けて

打開策と社会人2年目だからこそ考えるべきことを解説していきます。

「きつい」社会人2年目の乗り越え方で

今後のキャリアも変わってきますよ。

  

それではさっそくみていきましょう。

  

 

Contents

社会人2年目がきつい理由

まずは何に対して「きつい」のか原因を明確することが重要です。

仕事が「きつい」と感じる原因は何でしょうか。

みていきましょう。 

 

仕事量の増加

2年目は

仕事にも慣れてくる&できることが増えるので、仕事量も一気に増加していきます。

目の前の仕事でいっぱいいっぱい。なんて人も。

また、以前ほど先輩も付きっきりではなくなるうえに仕事を振られる量も増えます。

 

仕事が楽しくない

業務自体が、想像していたやりたいことじゃない。

達成感や、やりがいを全く感じられない。

「配属ガチャ」に失敗したことで

やむおえず興味のない業務をこなしている。など。

 

あわせて読みたい
【まだ間に合う】配属ガチャに失敗した新卒が転職するべき具体的理由 【まだ間に合う】配属ガチャに失敗した新卒が転職するべき具体的理由   あつザウルス 配属ガチャに失敗して これからのキャリアプランを、どのように描いていけば...

  

自分の成長への不安

2年目の自分の姿が、入社時に想像していた姿と違って想像以上に成長できていないことで

「向いていないのではないか」という業務への不安。

仕事のできる同期と比較してしまい劣等感を感じる。

どんどん入ってくる新入社員に抜かれるのでないか。という焦り。

  

人間関係

先輩、上司に合わない人がいる。

助けを求めずらい。

他部署とのコミュニケーションが難しい。

 

労働時間

毎日の残業。休日出勤。

ワークライフバランスの崩壊。

健康面に影響が出る場合もあります。

 

キャリアプランへの不安

会社の将来性や、待遇面。

昇給に対する不満やこれから自分が歩んでいくキャリアプランへの不安。

尊敬できる先輩が社内にいない。

 

誰もがつまずく壁

社会人2年目が「きつい」と感じるのはあなただけではありません。

多くの人が感じる、ごくごく自然な現象です。

 

私も2年目は「きつい」と感じていたひとりです。

「2年目ってこんなに分からないことばかりなの?」って思いながら毎日仕事していました。

周りに相談すると、みんなも分からないことばかりと言っていて安心した思い出があります。

この2年目の壁は

世の中の社会人全員に立ちはだかる大きな壁のひとつです。

誰もが乗り越えている壁です。もちろんあなたも乗り越えられます!!

 

これで乗り切ろう【打開策】

次に打開策をみていきましょう。

社会人2年目の人たちが「きつい」と感じる原因を

大きく3つに分類しました。

それぞれの打開策をみていきましょう。

 

 

原因① 自分の成長

あなただけではなく誰もがつまずく壁です。

社会人2年目なんて、できないことばかりです。

 

2年目の自分が

思い描いていた姿と違うギャップに悩んでしまいがちですが

その気持ちなのは「自分だけ」じゃないので焦る必要は全くありませんよ。

自分で実感していないだけで入社時からレベルアップしていることは間違いないです。

これで悩んでいる人は大きな心配はない可能性が高いので

3年目、4年目と経験を積んでいくごとに悩みは解消されていくことが多いです。

 

勤続年数の積み重ねで、悩みが薄くなっていく可能性が高いです。

仕事に関して自分の成長について考えれるのは仕事としっかる向き合えています。

そんな考えができている人に

打開策は不要。

今を乗り越えれば将来は立派な社員へなっているでしょう。

 

原因② 仕事関連

仕事量の増加に関しては2年目が1番きつい時期ですので「乗り越える」という認識でこなしていれば

数年後には仕事を上手く捌けるようになっているでしょう。

問題なのは次の2点

・仕事量増加による残業で健康面が心配

・仕事が楽しくない

業務が忙しいのは仕事においてやむおえないことですが、健康面への被害は大問題です。

また、2年目にしてすでに仕事に対する熱意の低下も好ましくないです。

こういった状態は

部署異動や転職で環境を変える必要があると考えられます。

打開策は環境の変化。(おすすめは転職)

  

原因③ 労働環境・キャリアプラン

労働環境と一括りにまとめていますが

人間関係や、残業・休日出勤などの労働時間への不満です。

キャリアプランに関しては自分のやりたいことができておらず

今後も状況を打破できないことや

待遇面への不満が挙げられます。

これらも原因②と同様

異動や転職で環境を変える必要があると考えられます。

但し、待遇面への不満を解消するには転職が最善の手になります。

打開策は環境の変化。(おすすめは転職)

  

キャリアプランを見つめ直す

打開策で「環境の変化」を挙げましたが

具体的な対応として

「転職」がおすすめです。

なぜか。

当然社内での部署異動によって不満は解消されるかもしれませんが

組織である以上は、異動して数年で元の部署に戻されるリスクがあるからです。

 

大きな環境の変化の為にも「転職」で気持ちをリセット!

 

社会人2年目のチャンスを逃すな

何事もやり直すのは早いに越したことはない。

この考え方はキャリでも同じで

社会人2年目はキャリアプランを見直す「最大」で「最後」のチャンスになるかもしれません。

 

ん?

「最大」で「最後」のチャンス?w

大げさに聞こえるかもしれませんが事実です。

これには明確な理由があります。

最大の理由は社会人2年目は「第二新卒」の権利を有すること。

この「第二新卒」の権利を使用すれば全く違った業界・職種にも

転職できる可能性が高まります。

※裏を返せば「第二新卒」でないと難易度が上がるということです。

  

第二新卒と職種変更

私自身、社会人2年目の時に他業務へ興味を持ったことから職種変更をしたくなった為

第二新卒の権利を使って転職しています。

この時の経験からも、すぐに「行動」することの重要性は実感しています。

特に職種変更を希望している人は、今すぐ「行動」しないと後々後悔するかもしれません。

なぜなら

社会人経験が長くなるほど職種変更を伴う転職は大変困難になるからです。

 

この理由や「第二新卒」に関することを詳しく解説していくと、長文になってしまうため

本記事では割愛します。

しかしながら

みなさんにとっても大変重要な情報となりますので

興味のある方は「第二新卒」に関連する記事をチェックしてみてください。 

 

あわせて読みたい
【体験談】社会人2年目の転職成功の鍵は市場価値の高い「第二新卒」 【体験談】社会人2年目の転職成功の鍵は市場価値の高い「第二新卒」   あつザウルス 社会人2年目での転職を考えているけど やっぱり難しいのだろうか… 成功するコ...

 

あわせて読みたい
第二新卒の面接で実際に聞かれた質問と回答例【注意点&成功のコツ】 第二新卒の面接で実際に聞かれた質問と回答例【注意点&成功のコツ】   あつザウルス 第二新卒で転職活動をはじめるんだけど 面接ってどんなこと聞かれるの?   「第...

 

あわせて読みたい
転職で職種変更は難しい(経験者が難しい理由と成功への道を解説) 転職で職種変更は難しい(経験者が難しい理由と成功への道を解説)   あつザウルス 転職で職種変更を考えているんだけど難しいのかな?成功するコツがあるなら知りたい...

 

第二新卒の間に理想のキャリアへの道のりを見直すことができるかどうかで、今後のキャリアプランを大きく左右することもあります。

 

変化を恐れず行動することは、成長にもなりますし悩みを解決する要因になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。

 

・仕事が「きつい」と感じる理由を明確にしてから
 打開策を考える

・社会人2年目はキャリアプランを見つめ直すチャンス

・社会人2年目の「きつい」の要因によって
 転職するべきかを判断する

・転職は第二新卒の権利を有効利用する

 

これを機に

自分のキャリアプランを見直してみてください。

修正が必要であれば「行動」しましょう。

 

それでは、このへんで。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする