【まだ間に合う】配属ガチャに失敗した新卒が転職するべき具体的理由

転職

【まだ間に合う】配属ガチャに失敗した新卒が転職するべき具体的理由

 
<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

配属ガチャに失敗して

これからのキャリアプランを、どのように描いていけばいいのか想像できない

 

そんな悩みに答えます。

 

【本記事の内容】

( 配属ガチャに失敗した後の )

状況を打開する方法について

今後のキャリアプランの描き方について

入社後すぐに新卒を待ち構える大きな壁「配属ガチャ」

希望通りとまでは行かなくても第2、第3希望くらいまでの部署には配属されたいものです。

 

配属先が希望通りでなく不満を抱えている人は世の中には多く、離職の原因になることもありますが

会社も組織である以上、全員を希望部署へ配属することは難しいです。

 

希望の部署に配属されなければ、その時点で描いていたキャリアプランを描きなおす必要があります

 

配属ガチャに失敗した時

転職を「する」 or 「しない」によって

キャリアプランは変わってきますし、転職をするにしてもタイミングがあります。

今回はキャリアプランを描きなおして「転職」を決断した場合に、どのように行動していけばいいのかも解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、さっそくみていきましょう。

 

配属ガチャ失敗について

そもそも配属ガチャ失敗とはどんなパターンがあるのか。

あなたはどれに当てはまりますか?

激務

36協定ギリギリで毎日深夜まで残業したり、休日出勤が頻繁に発生します。

ワークライフバランスを重視している人にとっては大変苦しいでしょう。

このご時世ですので残業代がもらえないなんてことはよっぽどないとは思いますが、残業がみなし残業の可能性もありますね。

 

勤務地

転勤族になると勤務地が定期的に変わるので、人生設計が立てにくいです。

将来マイホームの夢がある人にとっては大ハズレでしょう。

また、住みにくかったり環境の合わない地域。

場合によっては海外への転職の可能性もあります。

 

上司

人間関係。パワハラ。

人間関係は相性もありますが、例えば無口で寡黙な話ずらい人が多く仕事がやりにくいとか。

パワハラについては、社会的にも厳しくなってきており

最近では多くの会社で社内でアンケートを実施されています。

パワハラが明らかになった場合、対象者には減給や謹慎などの罰を与えるなど

発生をなくすように、管理していますが中々なくならないのが現状です。。

 

給与差

給与を何よりも1番に考えている場合

残業をバリバリしたかったけど残業0hの部署へ。

インセンティブ無しの部署へ。

人によっては、これらも配属ガチャ失敗です。

  

興味のない職種

希望していた職種と全く見当違いの部署への配属は、希望職種に強い憧れを抱いていた人にとってはつらいですね。

全く希望していない部署に配属されたら誰だって戸惑いますよね。


ざっくりガチャのハズレと言われる原因をまとめてみましたがいろいろな理由があります。

やはり理想の労働環境で仕事をするのって難しいです。

 

配属ガチャの成功 or 失敗は当人の考え方次第になります。

入社前には聞いてなかった!なんてことが普通に起こるのが恐ろしい。。

 

配属ガチャ失敗は防げない

「ガチャ」というだけあって当たりを引く確実な方法がありません。。

唯一できることとすれば人事への熱いアピールくらいですかね。

会社の規模が大きいほどガチャの失敗確率は高くなります。

 

配属ガチャに失敗した時の対応

まずは数ヶ月、真面目に働いてみてください。

実際に肌で感じるやりがいあるので

適性の見極めは、実際に業務に触れてからにしましょう!

今の会社を「辞める」or「辞めない」の判断が重要ですよ。

 

部署異動の申請をする

会社自体はホワイト企業で満足しているけど部署が。。

そんな時は、部署異動です。

とは言っても、配属されてすぐの異動申請が受け入れられるのは難しいので

実際に聞き入れてもらえるとしたら数年後になりそうです。

短期決戦で効果を期待するのは厳しいですね。長期スパンで「いずれは」という考え方であれば◎です。

実は自分に合っている?わずかな可能性にかける

こんな仕事やりたくない!って思っていても、いざやってみると、自分に合っている。なんてこともあります。食べ物でいう食わず嫌いです。

また、元々希望していた部署を外部から見た時に「配属されなくてよかった」と感じる場合もありますよ。

ちなみに

仕事に慣れてくると他部署の労働環境も、ある程度把握できるようになってきますので部署の当たり・ハズレがよく分かります。

業務を進めていく中で、意識していなくても「〇〇って部署は上層部がな~」「〇〇って部署は今月も残業ものすごいらしいよ~」などの情報がどんどんインプットされていきます。

転職でキャリアチェンジ

配属ガチャに失敗したのち

「自分のやりたいことがすぐにやりたい」という思いが強い人は「転職」が有力な選択肢に挙げられます。

転職は多くが採用の際に

勤務地・配属先・給与などが明確になっている為、配属ガチャのようなトラブルの心配はありません。

   

転職へ

今の会社を「辞める」選択をしたほうが良い場合と

配属直後から転職の準備をはじめた時のメリットを紹介します。

すぐに「転職」へ動き出すべき状況とは?

配属で希望の職種に就けず「職種変更がしたい」

これはすぐに転職を検討するべきだと思います。

なぜか。

「残業」「勤務地」「人間関係」「給与」「職種」

上記は、転職を考える人たちの理由の例ですが

この中で「転職」で実現させるのが最も難しいのが「職種」でしょう。

今後のキャリアを描くために重要な「職種」に関しては配属ガチャで1番失敗したくない項目です。 

 

★ 中途採用で「職種変更」を目指すと?

中途採用では即戦力としての活躍を求められることが多いので、基本的には募集職種の職務経験がある人を採用します。

その為、転職の成功率を高めるために、同職種で業界チェンジというパターンを目指す人が多いです。

つまり

未経験の職種へ転職するのには大きな壁が。。

転職エージェントに「希望職種と未経験可で募集の求人紹介」を依頼しても、経歴不問の不動産営業などの一部を除いて難しいと言われるでしょう。

 

おい、ちょっと待て。。だとすると。。

最初に配属される部署の職種ってめちゃくちゃ大事じゃん!

←その通りです。

それを「ガチャ」という運否天賦に任せるという(ざわざわざわざわ)

 

でも安心してください。

配属ガチャに大失敗して転職を選択せざるおえなくなってしまった若いあなたたちを救済する一手

「第二新卒」があるので紹介しますね。

 

ちなみに部署に対して

「職種」以外の不満を持っている。

職種は希望通りだけど「勤務地」や「残業」などが不満。

という人に関しては耐えれるのであれば焦らずじっくりキャリアを積んでからの転職で十分改善できます。

むしろ3年しっかり経験を積んで自分の市場価値を高めてからの方が給与アップも狙えますよ。

早期転職する最大のメリット【重要】

「第二新卒」の権利を有する。

これに尽きます。

この「第二新卒」が「職種変更」を可能にする鍵となります。

←私もこの「第二新卒」を使った職種変更の転職に成功した経験ありです。

この件については

下記の記事で、詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。

配属ガチャに失敗したらまずは

本当にその部署が自分に合っていないか確かめる(数ヶ月)

そして

自分と部署の適性をしっかりと見極め

 

・「辞める」か「辞めない」でキャリアプランを描く

・「すぐに辞める」→第二新卒の権利を活用して転職

・「いずれ辞める」→経験を積んでから転職
 ←経験年数は3年以上を奨励

・「辞めない」→実は天職だったという可能性も有

 

配属ガチャに失敗したからって諦めたらダメですよ。

「転職」という立派な選択肢がありますので。

 

若いみなさんのキャリアはまだまだこれからです。

「仕事はやり直せる!」

すばらしいキャリアを描けることを祈っています。

 

それでは、このへんで。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました