「東証一部上場企業に入社したら勝ち組」は嘘だった話【体験談】

転職

「東証一部上場企業に入社したら勝ち組」は嘘だった話【体験談】

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

東証一部上場企業の社員は勝ち組なの?

就職・転職で目指すべき?

そんな疑問に

東証一部上場企業で勤務経験のある私が答えます。

本記事の内容

・東証一部上場企業で働くメリット・デメリット

・東証一部上場企業の待遇について

・東証一部上場企業への就職は目指すべき?

  

私が新卒で就職活動をしている時は

「東証一部上場企業」に入社したい。という思いを強く抱いて就職活動をしていました。

 

非上場ですが家電屋さんに製品が並んでいる

誰もが知っているメーカーの内定を蹴って

東証一部上場の

従業員1500人程度の大手設備メーカーに推薦で入社しました。

※推薦ですが理系の人は分かると思いますが結構あります。

推薦を出すと内定が出たら蹴れない変わりに企業へ熱意が伝わるというものです。

 

実際に

就活時に夢見ていた東証一部上場企業で働いてみたものの。。

メリットがあまり実感できませんでした。

職種の変更がしたい

他の企業も経験してみたい

といった思いから、転職をして

今は大手子会社で勤務しています。

 

本記事は

「東証一部上場企業」で働くことに興味があったり

実際に、就職・転職での企業選びの軸を

「東証一部上場企業」にしている人に

ぜひ読んでいただきたい内容になっています。

 

実際に私が

東証一部上場企業で勤務した時のリアルな経験も踏まえて解説していきます。

  

それでは、さっそくみていきましょう。

 

東証一部上場企業とは

よく耳にする東証一部上場企業とは

簡単に言うと

東京証券取引所の市場一部に上場している企業です。

東証一部に上場すると知名度が上がると同時に資金調達がしやすくなります。

 

簡単に上場できるわけではなく厳しい審査が必要です。

難しい説明ですが

要は、経営が安定している会社!

2021年4月末現在で

なんとたったの2191社しかありませんので

入社できる人もごく一部です。

まさに、選ばれしものしか勤務できないので

東証一部上場企業への就職を目標とする人が多くても不思議ではありません。

   

メリット・デメリット

東証一部上場企業で勤務するメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

メリット

・社会的な信用・知名度

入社すると親も安心してくれるなど

東証一部上場というだけで会社の信用度は爆上がりします。

知名度も高い会社が多く、仕事のやりがい・モチベーションにもつながります。

 

会社の安定

安定した経営をしていないと東証一部に上場するのは難しく

会社の安定性を確認する指標にもなります。

しかしながら

東証一部上場=安定経営

というのが必ずしも成り立つわけではないことに注意です。

たった一度のミスで信用は一気に失われます。

あくまで経営が安定している可能性が非常に高いということです。

 

・待遇面の安定

会社の経営が安定していれば社員の待遇も安定しやすいです。

  

ローンやクレジットの審査

勤務先としてしっかりしているので、審査に通りやすくなります。

 

・充実した研修・福利厚生

若手への寮の完備や各種手当などが充実している可能性大。

外部講師を招いての研修など。

 

デメリット

・ルールが厳しい

細かいことでも書類が必要だったり、上司の承認が必要なことが多いです。

 

・仕事の質が求められる

どこの会社でも言えることですが、集団として評価制度も整っている所が多く

アウトプットをしっかりとすることが重要になります。

 

・希望する部署で勤務できない

東証一部上場企業ともなると従業員数も多い会社が多く、希望の部署への配属が難しくなることがあります。

 

  

勝ち組?自慢?

結局のところ東証一部上場は勝ち組なの?

についてですが

これは「会社による」としか言えません。

知名度が高い=勝ち組なんて考えもありますが

BtoBの会社なんて知名度は皆無です。

 

地元ではみんな知っていて、自慢できるが地元外での知名度は皆無なんて会社は多いです。

 

また、意図的に上場していない優良企業も多数ありますので

一概に

東証一部上場企業で働いている=勝ち組

という訳ではないのでご注意を。

実際に働いてみて特に東証一部上場だから特だということを

感じたことは一度もありませんでした。

 

ちなみに私は

東証一部上場企業→非上場企業へ転職しましたが

非上場企業の今の方が待遇が良いです。

 

新卒で入社した時の話

私が新卒で東証一部上場企業に入社した時の体験談を少しだけ。

従業員は1500人程度の設備メーカーで、業界では世界首位。

心を躍らせながら入社しました。

 

周りは、誰もが聞いたことのある大学の出身者など

高学歴が多かったので

やる気が出ました。

研修も充実。格安の寮など最低限の福利厚生は整っていました。

 

給与に関して、世間で見れば並程度であったが

「東証一部上場企業=高待遇」という勘違いをしていた当時は物足りなく感じていました。

※ 新卒1年目の冬の賞与が額面で約50万円

 

年次昇給は5000~6000円

賞与は業績による変動で4.0~5.0ヶ月程度。

東証一部上場=待遇が良い

というわけではない。

が、安定はしていました。

 

豆知識ですが

東証一部上場企業の平均年収は簡単に調べることができます。

毎年

有価証券報告書という業績や社員の状況をまとめた報告書の提出が義務付けられており

この報告書で嘘の情報を記載すると上場廃止など大変な問題に発展します。

そこには従業員の平均年収が記載されていますので確認してみてください。

※管理職を除く平均年収になるので参考程度に

 

転職

私自身、転職を2回経験している身です。

業務内容や待遇面など理由はさまざまですが

同期も数人辞めました。

新卒時に「東証一部上場企業」という理由だけで入社した人は

不満が多くあるかもしれません。

 

東証一部上場企業に憧れるのは、ごくごく普通のことだと思いますが

実際に入社してみるとメリットをあまり感じることがなく

転職を考えるという人も。

 

私が東証一部上場企業→非上場(大手子会社)

に転職した時の

待遇面などの細かい比較について

興味のある人はぜひ下記をチェックしてみてください。

 

 

 

東証一部上場企業への就職

東証一部上場企業は=待遇が良いという訳ではないが

「東証一部上場企業は優良企業の可能性が高い」ということは事実です。

平均年収や売り上げもオープンですし、労働組合がある可能性も高いです。

そのため

就職で将来の安定のため

「東証一部上場企業への就職を目指す」というのは立派な目標になります。

正直

自動車業界でも電気自動車への移行で、大きな改革が生まれているように

将来の安定が確約されている会社など皆無です。

で、あれば

少しでも安定性の高い「東証一部上場企業」への就職を目指すのは大アリだと思いますよ。

どんな会社に就職するべきか分からない人。

東証一部上場企業への就職を目標にしてがんばってみたらどうでしょうか。

  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。

 

・東証一部上場企業での勤務はメリットだけではない

・東証一部上場企業=勝ち組という訳ではない

・安定志向で、東証一部上場企業への就職を
 目標にするのは大アリ

 

東証一部上場企業も会社によるし、入社してみないと

良い/悪いは分からないものです。

それでも

日本で2000社ちょっとしかない東証一部上場企業への就職は誇れることなので

ぜひ目指してみてください。

みなさんのが理想のキャリアプランを描けることを願っています

 

それでは、このへんで。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました