文系出身でも理系の仕事はできる。について解説します【就職・転職・派遣】

転職

文系出身でも理系の仕事はできる。について解説します【就職・転職・派遣】

  

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

文系出身だけど理系の仕事に挑戦したい…

募集はあるのかな?

そもそもできるの?

 

そんな悩みに

文系職/理系職の両方の職種経験がある私が答えます。

 

本記事の内容

・理系職について

・文系出身でも理系職はできる?

・募集について

  

理系出身者が文系の仕事につくことはよくありますが

文系出身で理系の仕事に挑戦したい!となると

あまり実績を聞きません。

 

しかし

結論から言うと

条件付きですが可能です。

実際に文系出身で理系職と呼ばれる職種に

配属される人もいます。

 

今回は

・文系出身だけど理系職がやりたい

・文系出身だけど理系職に配属されて不安

という人へ

 

私が、生産管理/生産技術として

文系/理系両方の職種で勤務したことのある経験を踏まえて

文系出身者が理系の仕事をすることについて

解説していきます。

 

それではさっそくみていきましょう。 

 

理系の仕事

そもそも文系出身者のみなさんが

実際に配属されたり、やりたいと思う

理系の仕事(職種)とは何でしょう。

 

詳しく見ていくと

医者や薬剤師、研究者や学校の講師などさまざまですが

今回は一般企業での技術職で考えていきます。

  

具体例を挙げると

開発/設計/生産技術/品質保証/システムエンジニア

などになるので

メーカーが主になると思います。

 

私はこれまで

メーカー3社でキャリアを積んでいますが

文系出身者が理系出身者に混じって

生産技術や品質保証で活躍している姿を

たくさん見てきました。

   

文系出身の目線

「生産技術部に普段と違う目線を入れてみたい」

文系出身にも関わらず生産技術部へ

配属になった人が、実際に人事に言われたそうです。

 

会社ごとに考えはありますが

本人は唐突な配属に驚いたでしょう。 

 

また文系出身者は

大学時代は研究室に籠って

ずっとPCと、にらめっこしていた←偏見かも…

理系出身者では物足りないことが多い

・高いコミュニケーション能力

・語学力

を補える可能性が高い魅力があります。

 

大学だけでも丸々4年間全く違う勉強をすれば

新しい風となるのも頷けますので

良い方向へ傾くことを期待して驚きの配属があることもあります。

   

文系出身が理系職をできる理由

社会人になった多くの人が感じていると思いますが

学生の時に学んだことを

社会人になってから仕事に生かすことって少ないです。

 

技術職の場合

研究職であれば大学の頃の研究の

延長線上のような形で業務に入れると思いますが

生産技術や品質保証については

大学で学んだことって、ほば役に立たないです…

 

実際、私も

製品を生産する設備に関しては

配属されてから覚えていったので

最初は、ほぼ知識ゼロスタートでした。

  

理系職といっても

覚えていくことの多くが

文系/理系の学歴問わず、ほぼゼロからのスタートになる

職種も多いです。

 

実際に、私の所属していた生産技術部にいた先輩が

文系出身でしたが

高いレベルで設備知識を身に付けている大変優秀な人で

学生の頃の専攻ってあまり関係ないんだなと

肌身に感じさせてくれる人でした。 

 

新卒では難しい

注意しなければいけないことが一点。

文系出身の理系就職について

新卒だと大変難しいです。

 

機械工学科などで学ぶ

機械製図や品質管理などの経験は理系職に生かせますし

  

開発・研究職などは

核となる部分に

どうしても専門知識が必要になったりする場合もあり

企業としては技術職などには

理系出身者を採用したいというのが基本です。 

 

新卒は文系/理系が職種ごとに

きっちりと分かれた採用体制になっている企業がほとんどで

理系が文系職に応募することは可能ですが

その逆はと言うと…

中々ある話ではありません。

※PC関連ならまだ可能性があるかも

 

しかし

挑戦する分には問題ないですし

  

どうしても諦められないなら

メーカーなどに文系職として入社してから

配属の時に人事へ相談するのも◎です。 

  

募集について

募集(転職市場)について

当たり前のことですが

基本的に理系職は理系出身者という形で募集されています。

 

そのため

文系出身で理系職に就きたいとなると

募集内容が「未経験歓迎!CAD業務」などで

 

未経験からでも正社員として採用し

社内で自立できるまで

研修・教育することを目的とした採用をしている

企業への応募・就職がおすすめです。

 

CADなど人手が必要な技術職では時期にもよりますが

未経験者でも応募可能な募集が

コンスタントにあるのでチェックしてみてください。

 

 

もしくは契約社員や派遣として

理系職の職場で経験を積むことです。

 

研究の解析など核の部分はできなくても

データまとめや測定などは未経験からでもすぐできます。

仕事のがんばりが評価されれば正社員登用もありますので。

 

実際に、私の所属していた生産技術部にも 

文系出身で派遣として来ていましたが

高い設備知識と真面目な勤務態度で

正社員登用された人がいました。

 

正社員登用が難しくても理系職を経験し

職歴にすることが

転職市場での自分のアピールにも繋がります。

 

後悔しない選択を

就職する会社というのは

大げさに言うと一生のパートナーです。

後悔しない選択をするのが◎です。

 

私自身、理系出身ですが新卒入社後は

生産管理(文系職)として勤務していました。

最終的には転職して

技術職として勤務していますが

とても良い経験でした。

  

  

仕事は変えることができます。

要望通りの就職となると

決して簡単ではないですが

近年の転職市場は盛り上がりを増しています。 

  

転職はダメ元でも

仕事を頑張りながらでもできるので

ぜひ挑戦してみてください。

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

まとめです。

 

・医者や薬剤師など、一部例外があるが
 文系出身でも理系の仕事はできるし実績も多い


・理系職でも語学力など
 文/理関係なく生かせる部分もある

・新卒で文系出身者の理系就職は難しいが
 転職市場ではしやすい環境(募集)がある

 

突如、理系の仕事に憧れる気持ち。分かります。

実際に世の中には

文系出身で理系職に就いている人はたくさんいますので

あなたの頑張り次第では実現も可能です。

 

立場上、お金や勤務地など様々な問題があると思いますが

どうか悔いのない選択をしてください。

やりたいことに挑戦すらしないのが1番もやもやしますし

後になって「あの時、あ~していれば、こ~していれば」

なんて言うくらいなら

挑戦したけどダメだった
(採用試験受けたけどダメだった/実際に業務をやってみたら想像と違い自分に合っていなかった)

のほうが晴れ晴れして今の業務を頑張れると思いますよ。

  

みなさんが

理想のキャリアプランを描けることを願っています。

   

それでは、このへんに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました