理系出身で文系就職した私の話。後悔は全くしていない【理系学生へ】

転職

周りからもったいないと言われる中、理系出身で文系就職したけど全く後悔していない。

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

理系学生だけど文系就職に興味がある…

「もったいない」と周りから言われるからやめた方がいいかな?

 

そんな悩みに答えます。

 

【本記事の内容】

・理系出身で文系就職するメリット・デメリットや
 面接での人事評価について

・文系就職したい理系学生が「文系就職」を
 選択するべき具体的な理由

   

理系が文系職に就職するのがもったいない?そんなわけないだろ!

私は理系出身(機械工学科卒)で文系就職(生産管理)経験者ですが全く後悔していません。

新卒で入社してから理系出身の生産管理として業務に取り組んでいました。

当時は葛藤がありましたが、今になっては本当に良い決断でしたし、人生の中で貴重な経験ができました。

 

ん?

「貴重な経験が で・き・ま・し・た?」

ということは。。。

はい。

今現在は、自動車部品メーカーで生産技術者として勤務しています。

キャリアとしては転職を2回しており

 

★ 1社目 
東証一部上場 
大型機械設備メーカー
生産管理納期管理が主)

★ 2社目 
大企業子会社
自動車部品メーカー
生産技術(生産準備)


★ 3社目 
大企業子会社
自動車部品メーカー
→生産技術(生産準備)

 

2社目と3社目は仕事内容が類似で扱う製品が変わりました。

さて、自己紹介はこのへんにして

 

 

さっそくですが

 

ー全国の理系学生のたちへー

文系就職したい気持ちがあるなら絶対にするべき!

 

なぜこういった「結論」になるのか。

 

これは私の経験談からも言えることで、大きな理由は2つ。

・「後悔」する選択をしてはいけない。

・  仕事は修正できる。やり直しがきく。

この理由についても後ほど詳しく解説します。

 

今回の記事は

実際に理系学生→文系就職の経験者である私の
「生の声」なので
かなり内容の濃い記事になっています。

経験談も踏まえて解説していきますよ。

 

 

理系職・文系職

そもそも理系職・文系職の括りってなんだよと思いますが、ざっくりまとめると

主な理系職

開発、設計、生産技術、品質保証、システムエンジニア、技術営業など。

主な文系職

営業、経理、人事、調達、生産管理、記者、編集者、通訳、受付など

 

資格が必要な職種やスポーツ選手などの特殊な職種は省いて本当にざっくりまとめると上記のようなイメージですね。

基本的には自分の学んできた学部(理系/文系)の出身をもとに職種を決定するのが大半の人がやっていることです。

 

そもそも理系/文系を選択する高校2年生の時に、果たしてこの就活の光景がイメージできているのか。

←できていないでしょうね(笑)

私も特に理由はなく、ノリで理系にしましたから。

 

今になっては、理系にして良かった!って思っています!

 

理系出身→文系就職

企業からの目線だと、理系出身者が文系職に就くってどうなんでしょうか?

メリット

文系にない倫理的考え方ができる

希少性が高い

デメリット

理系出身でも「技術職」への転職が難しくなる。

※後述の タイトル 【俺の経験談②】理系を捨てた代償は? にて詳細解説します。

就職で有利・不利はあるの?

上記のメリットを人事がどう見るかですね。「目立つ」という部分では間違いなく有利だと思いますが。。。

「理系出身→文系就職したい」という立場上、人事が気になるであろう志望理由の一貫性はしっかりしておいた方がよさそうですね。

あくまで面接の評価が大多数を占める企業が多いので、理系ってだけで大きな合否への影響はないかと。

 

「もったいない」っていうやつ

理系学生が「文系職に就きたい」と言うと

まわりの同級生が

「4年間学んできたことが無駄になるんだよ?」

「もったいないと思わない?」

って謎の説得してくる人いますが。。。

 

これに関しては

「そもそも仕事で大学で学んだことほぼ使わん!」

以上。

 

選択肢の多さは努力の証

理系出身→文系就職は問題なくできますが

文系出身→理系就職はハードルが高く、むしろ職種によってはほぼ不可能です。

 

前述で 「そもそも仕事で大学で学んだことほぼ使わん。」 という話もしましたが

 

企業としては技術職を募集する際

技術者の基礎知識はさすがに求めるので、理系学生のみという条件が基本です。

一方、事務職は理系/文系問わず。なので

文系よりも職種の選択肢が多い!

理系は優遇されているのかなぁと感じますね。

★  就活時も最後まで研究で忙しい。
★  明らかに文系より勉強が大変

そんな大変な「理系」であなたが、がんばったからこそ選択肢が広がったんです

そこは自信をもってください!

 

向いている仕事を専攻で判断するな

機械工学科で4年間学んできたから、知識的に機械設計の仕事が向いていると思う。

外国語学部で4年間学んできたから、知識的に海外関連の仕事が向いていると思う。

と、いうような

この学科だからこの職種という決め方はおすすめしません。

 

「仕事とは自分の一生のパートナー」

って考えると好きなことがやりたいですよね。

機械工学科で4年間学んできて、設計の授業が1番好きだった。だから機械設計の仕事が向いている。

これなら◎です。

 

仕事なので必ず好きなことをするのは難しいと思いますので

せめて嫌いではない職種を選択してください。

←これは先輩社会人からのガチのアドバイスです。

 

「嫌い」なことを何十年間も続けるのは大変ですよ(笑)

なので、極端な話

機械工学を専攻していてもアルバイト中の接客が楽しすぎて一生続けたいと思えば、それが向いている仕事です。

但し、単に好きなことを仕事にするのが1番幸せかというと、そうではないことも多い世の中なので

最終的には、将来のことをや実現性を考慮して判断するべきですが

専攻学科で自分の将来を縛るのはやめましょう!

 

憧れの技術の仕事がしたいけど接客も大好きだ=技術営業

のような職種の見つけ方は◎

  

完全成果報酬主義→文系職種が多い

理系学生が文系就職を考える理由のひとつに「給料」があります。

金融や商社は

理系の多くが就職するメーカーに比べて給与水準が高い企業が多いです。

 

ちなみに、とことん稼ぎたい人へ。

「やったらやった分だけ評価されて、報酬がほしい。」

これを求めるとインセンティブの高い完全成果報酬主義の

「営業職」へ行きつきます。

※当然基本給はあります

 

営業職がシンプルに売上げで成果を確認できるのに対して

技術職は成果を数値化しづらいため、インセンティブのような大きな成果主義システムは採用しにくい

という背景があるため

技術職でインセンティブの導入することは難しいとされています。

日頃の勤務態度から評価をして給料に反映する方式がありますが、金額の上限が決まっていたり、周囲と大して差がつかないことがほとんどです。

 

成果主義が大きい「営業職」の例として挙げられるのが

「不動産関連」

家なんて簡単に売れないですもんね。その為、会社は成約時の成果給を厚くすることで社員のモチベーションを高め、売上げ向上を目指しています。

他にも証券や保険などが挙げられます。

こういった完全成果主義の営業職は「経歴不問」の募集をしている企業も多いです。

要は売れればいいので。

ちなみに売れないと。。。

どうなるかは想像できますよね。

文系就職する理由は「給料」が高いからだ!

という考えの方。

「完全成果主義」の職種に興味がある方はぜひ、検索してみてください。

 

【俺の経験談①】スッキリして後悔が全くない

私は「生産管理」に興味があったので、自らの意思で新卒で事務職への道を切り開きました。

実際に業務をこなしたうえで、「やはり技術職でキャリアを積みたい!」という思いが強くなったので転職しましたが 

生産管理の経験ができたことは大きな財産となりました。

本当に心から良い経験ができたと思っています。

もし新卒で、「生産管理」への思いがある中、技術職に就いていたら。。。

いくら技術職が楽しくても頭には「生産管理はもっと楽しいのかなぁ」という邪念が消えない中で仕事をして「後悔」していました。

今の私は、実際に興味のあった「生産管理」を経験したうえで現在の「生産技術」にシフトしているので

心がとてもスッキリしていて後悔なんて微塵もなく、本当に良い決断をしたあの頃の自分を褒めてあげたいです。

 

周りの意見に流された選択は時に大きな後悔に繋がります

先を見据える。未来の自分の想像して1番「後悔」しないであろう選択をしてください。

検討している内容に対して、周りから批判的な意見を言われることがあっても

最終決断は必ず自分で!

自分で選択したうえでの「後悔」
周りに流されて決めたことで起こる「後悔」
重みが違います

 

【俺の経験談②】理系を捨てた代償は?

新卒で理系職は捨てましたが

理系の学科を卒業したという

学歴が消えるわけではないので(笑)

 

基本的に大きな代償はないですが

「あること」が起こると、大きな代償となってしまうパターンもあります。

その「あること」とは

技術職へ転職したくなった時です。

大事なことなので詳しく説明していきましょう。

 

「文系就職をしたけどやはり技術職がいい」という気持ちが芽生えた場合。

このとき社会人2年目もしくはぎりぎり3年目までは「第二新卒」という枠がありますので

これを使って、募集している企業に技術職として応募することができます。

当時、新卒2年目の私も機械工学科出身で技術職の応募条件を満たしていたので

2社目は「第二新卒」の技術者として入社しキャリアを積むことができました。

文系職→技術職の職種変更の鍵は「第二新卒」です。

むしろ職種の変更ができるのは最初の3年以内と思ったほうが良いです。

あながち間違いではないので。

職種の適性見極めを早めにしましょう。

 

  

 

問題は

社会人4年目以降で 技術職へ転職したくなった場合です。

なぜ問題なのか。

4年目あたりからの転職は即戦力が求められます。

その為、「技術職」を募集する企業側は

募集要項に理系出身者に加え、技術職の経験も必須項目とします。

こうなると募集条件を満たすことができず応募ができません。

 

これが転職の「罠」で

年齢を重ねれば重ねるほど職種の変更が困難になります。

←これ大事です

3年目から転職活動を始めて転職先が2年決まらなかったらもう5年目扱いになる。

という点にも注意してください。

 

  

 

これが理系出身者が文系就職する唯一のデメリットですかね。

しかし大体2年ほどやれば、その職種が自分に合っているかどうか判断できるので

「見極め」をしっかりとしましょう。

 

「転職」という切り札

「職種を変えたい」と感じた時に修正はできます。

しかし、前述でも記載したように状況によっては、困難になってしまうこともあるので

「転職」は切り札と考えてください。

 

合わなかったら「転職」すればいいやという安易な考えはやめましょう。

たしかに近年は転職が活発な時代ですが

転職活動は大きな工数がかかるので面倒ですし、都度新しい環境・仕事内容・人間関係に慣れるのも大変です。

 

自分の行きたい会社を見つけて、さらに内定をもらうというステップには、かなりの労力が必要ですよ。←2回転職している私だから地味に説得力がある(笑)

その為

「職種選択をミスった。職種を変えたい」と感じたとき

私は思い切って心機一転したかったので、転職で環境をガラッと変えましたが

まずは社内で人事に部署移動の相談するのも有です。

 

【世の中の厳しさ】得るものと捨てるもの

いろんな職種を1ヶ月ずつ経験して自分に合った職種を探せたらどれだけ良いか。

今の世の中では難しいです。

すべてが自分有利に進まないのが世の中の難しさ。

 

私の場合は貴重な経験を得た。自分の悩みやモヤモヤを解消させてくれる「生産管理」の経験。

そして「時間」を捨てた。

これは転職にかけた時間と転職を決断した後の向上心のない中、こなさなければならない「生産管理」の業務時間。

しかし

捨てたもの以上に得るものが大きかったので、がんばれた。

 

求めることのすべてを得るのは大変で

「高い給料」を得たいなら「やりたいこと」を捨てる。など世の中のサラリーマンもみんな苦労しています。

ちなみに就職活動でも

「業界」「職種」「給料」「勤務地」などすべて思い通りの会社に入社できる方は、ほんの一握りです。

 

悔いのない選択を

これに尽きます。

選択をミスって「あの時こうしていれば。。。」

この感情が1番後悔しますよ。

仕事は修正できます。

やり直しがきくんです。

 

これは私の経験からも断言できますし

周りでも

理系出身の新卒で自動車のディーラーをしていたり。

理系出身で技術職から転職して保険の営業をしていたり

各々、タイミングこそ異なりますが

自分で「決断」しています。

 

但し、決断を先延ばししすぎるのはいけませんよ。

新卒入社後の見極めは1~2年でしてください。(職種の見極め)

←第2新卒ブランド期限内

  • 自分に合っていればそのまま突き進む!
  • 別の職種がやりたくなったら「第二新卒」で
    やり直す!

2パターンのキャリアを思い描いておくことも◎です。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

「がんばろ!」そんな勇気が湧いていますか?

最後にもう一度

私は理系出身ですが文系就職して本当に良かったと思っています。

←今は「技術」の仕事してても心から思います。

理系で勉強をがんばったみなさんだからこそ

味わうことのできる「贅沢な悩み」

 

たくさん悩んでください。そして悔いのない「選択」をしてください。

あなたが今、考えているその選択(理系出身→文系就職)

をすでにしている人が

私も含め世の中には溢れており、実績は多数あります。

決して無謀な未知の挑戦をするわけではないので安心してください(笑)

 

不安からたくさん調べて、情報を集めたりと

この記事も含め、いろいろな判断材料を用いて

最終的に決めるのは「自分」

「自分」です。

 

「自分で決める」

それが1番後悔しない決断の仕方だということを先輩社員からの最後のアドバイスとさせていただきます。

 

それでは、このへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました