大手メーカーの工場勤務はきつい?勝ち組?(大手3工場経験者が解説)

転職

大手メーカーの工場勤務はきつい?勝ち組?(大手3工場経験者が解説)

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

大手メーカーの工場勤務ってきついの?

働きたいと思っているんだけど

働く上で良いことも悪いことも知りたい。

 

そんな悩みに

これまで大手メーカー3工場の現場を

間近で見てきた私が答えます。

 

本記事の内容

・工場勤務で具体的にきついこと

・働く前に確認するべきこと

・工場勤務のメリット・デメリット

 

正社員/期間工/ 問わず

工場での勤務は肉体労働で大変のイメージがあると思います。

私は大手メーカー3社で勤務経験があり

生産管理部として1社

生産技術部として2社

製造現場と密に関わってきて

「工場で働く前に確認するべきこと」が

しっかり確認できておらず

 

入社前/入社後のギャップで退職していく人たちを見てきました。

 

これから工場勤務(特に大手工場)での勤務を検討している

あなたたちがそうならないように

今回は

工場勤務のメリット・デメリットなどと合わせて

工場で働く前に確認するべきことも紹介していきたいと思います。

しっかりとした予習で

入社後のギャップを少なくすることが◎です。

 

それではみていきましょう。

 

製品による作業の違い

作る製品によって作業内容も大きく変わります。

例えば自動車部品メーカーであればライン作業がメインで

どんどん流れてくる製品に対して作業していきます。

ラインの生産スピードに自分が合わせることになります。

(※合わせなければならない)

 

設備メーカーであれば組立作業がメインになるので

図面を見ながら納期に間に合うように部品を組み立てていきます。

いい意味で自分のペース

悪い意味で必ず納期に間に合うように残業してでも組み立て完了させなければいけません。

  

きつい/きつくない

労働環境に関して

大手の工場であれば空調が完備されていることもあります。

業務に関しては

ライン作業/組立作業

それぞれ「きつい」と感じることがあります。

まず両方とも立ち仕事が多いということ。

 

そして

ライン作業であればトイレ休憩も行きづらいですし

同じ作業の繰り返しが「きつい」と感じることもあります。

作業速度が遅いと製品が溜まっていき他の工程にも迷惑がかかりますので慣れるまで大変です。

しかし慣れてしまえば苦にならないという人もいます。

 

組立作業であれば製品ごとに組み立て方が異なるので刺激はありますが

ライン作業より難しさがあります。

また自分の作業スピードが納期に直結することがプレッシャーになります。

 

働く前に確認すること

正社員/期間工問わず

工場で働く前に

寮の有無や作業内容・待遇

など確認するべきことは多いですが

 

「勤務体系」と「安全」に関しては

待遇と同じくらい、よく確認するべきです。

 

勤務体系

まず勤務体系です。

夜勤の有無など自分が対応可能かどうかの確認です。

2直3班や3交代などさまざま勤務体系があるので

入社前によく確認してください。

当然変則的な勤務体系であれば手当もつくので給与は高いですが

最も重要なのは健康ですよ。

 

また、休日に関して

昼勤/夜勤勤務の場合は週ごとに交代しますが

夜勤の週に金曜日20:30~土曜日5:30まで勤務したとすると

土曜日はへとへとで半日はつぶれると思います。

それでも会社が提示してくる休日に

この夜勤明けの土曜日は1日分でカウントされています。

 

ここが入社前上手く理解できていなかったり想定以上に大変で

辞めてしまうことにならないよう事前によく確認しておきましょう。

なんなら一度模擬でやってみて自分がこなせるかどうか試してみるのも◎です。

 

安全

工場で働く予定の人が特に気にするべきなのは「安全」です。

工場で1番重要視されること。

それは品質でも納期でもありません。

「安全」です。

「安全は何よりも優先する」

私が経験した大手3工場はどこもこの思想だったので

安全第一は当たり前だと思っていました。

 

しかし…

私の経験した業務の中に

ある製品の生産を他社から自社に移管する為

生産設備ごとを引き取るという案件がありました。

 

そこで目にした

引き取った設備たち…

 

明らかに安全機能が不足していたり

作業効率を優先して安全機器の機能が無効化されていたり…

もうめちゃめちゃで驚きましたが

すぐに安全改造を手配しました。

 

自分が作業者の立場なら

「こんな会社で絶対に働きたくない」と感じました…。

といったこともあるので

工場で働くなら「安全」は面接時に要チェックです。

 

ですが

大手企業であればこのへんはまず大丈夫です。

大手の生産技術者として意見させてもらうと

 

安全に関する社内ルールがとんでもなく厳しいです。

設備1台導入するのにも

設備仕様書に書かれている安全仕様を満足しており

※例 センサー系は指サイズでも検知可能・挟まれ防止の両手起動など他多数

導入後も安全管理の部署による厳しい安全立会があります。

これを突破してやっと導入になります。

 

作業者のことを考えた怪我をしない設備を導入している会社で働きましょう。

 

モチベーション

待遇面に関しては会社ごとに多少差はあれど寮やおいしい食堂があったり

手当などで多めの給料がもらえたりと、そこそこ満足いくと思います。

 

仕事内容を考えると

ライン作業は同じ作業の繰り返しになるので正直飽きてきます。

しかし慣れてきて、作業スピードが上がっていくのを感じることにやりがいを感じることもありますし

できる工程が増えることで毎日が同じ作業にならないこともあります。

 

組立作業は毎日パズルのような面白さがあるかもしれません。

また毎日図面を見ることで図面読解力も向上します。

他にも

作業スピードの向上や工具の名前を憶えてきたりすることの楽しさを感じるかもしれません。

 

いずれにしても向上心を持つこと。何かしら目標を持つことが

「やりがい」を感じるうえで重要なことです。

 

また

作業内容からすると

ひとりで黙々と作業することが好きな人にとって工場勤務は天職です。

 

大手工場での勤務

大手工場にこだわる人がいる理由は下記です

・寮の完備

・食堂の完備

・有給がしっかり取得できる

・期間工が高待遇(一般企業の30歳の年収位もらえるところも多いです)

・満了金制度

・正社員は安定したキャリアプラン

・工場が綺麗

・冷暖房完備

・職務経歴に大手企業が追加される

・自慢できる

 

など大手ならではの特権はたくさんあります。(当然中小企業でもあるところはあります)

充実した待遇にも関わらず正社員でも期間工でも

工場勤務の募集要項は、年齢制限だけで未経験歓迎の場合が多いのも魅力です。

 

   

勝ち組?

大手企業で勤務。というだけで大方勝ち組だとは思いますが

細かく考えると

正社員/期間工やその人の目的によります。

 

例えば

女性が結婚までの短期間で

男性がどこかに移住するまでの短期間で

など

短期間でまとまったお金を稼ぎたいとなると夜勤等の手当てや満了金制度などが

充実している大手工場の期間工は

アルバイトなどと比べると待遇は破格なので「勝ち組」になるかと。

 

一方

正社員だと安定した会社/お給がもらえる環境で働ける安心感があります。

当然、中小企業の工場勤務よりも「勝ち組」になります。

 

まあ「勝ち組」か否かは自分が決めることなので

あまり深く考えないほうが…。

  

ひとりで黙々と作業するのが好きと言う人が

工場で勤務していて毎日を楽しいと感じているのであれば

それだけで「勝ち組」ですよ。

自分の好きなことを仕事にできる人なんてほんの一握りなので。

 

    

工場勤務のメリット・デメリット

ここまでの内容と重複してしまう内容もあると思いますが

工場勤務のメリット・デメリットについて、まとめます。

 

メリット

・あまり人と関わらなくてよい

・夜勤手当/満了金など待遇が充実

・繰り返しの経験で成長できる業務内容

・未経験でもできる

・総合職に比べて入社難易度が易しい

 

デメリット

・勤務体系や業務内容が体に負担がかかる

・ミスした時ラインを止めてしまうプレッシャーがある

・繰り返し同じ作業で飽きる

・怪我をするリスクがある

・期間工の場合は業績悪化時に満期前に契約解消の可能性がある

  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。 

(大手メーカー)の工場勤務は

 

・身体的疲労だけでなくプレッシャーなど
 心身的な疲労もある

・働く前に待遇面だけでなく勤務体系や安全面も
 要確認すること

・ひとりで黙々と作業するのが好きな人には天職

 

大手メーカーの工場でも中小メーカーの工場でも業務は大変できついことがありますが

やりがいもたくさんあります。

 

雇用条件や勤務形態はさまざまですので工場で勤務を考えている方は

働く前にしっかりと募集要項を確認することで、働いてからのギャップが少なくなるように努めましょう。

  

面倒くさいとは思いますが

この確認作業を怠ると、のちのち後悔することになるので…

自分の為にもしっかりしましょう。

 

というアドバイスをしたところで

今回は終わりにしたいと思います。

 

みなさんが理想のキャリアプランを描けることを願っています。

 

それではこのへんで。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました