「生産技術と生産管理の違いとは?つらい?やりがいは?」両職種を経験した私が解説する

転職

「生産技術と生産管理の違いとは?つらい?やりがいは?」両職種を経験した私が解説する

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

「生産技術」と「生産管理」って具体的に何が違うの?

 

そんな疑問に

「生産技術」と「生産管理」両方の職務経験をもつ私が答えます。

 

【本記事の内容】

 (「生産技術」と「生産管理」の)

・具体的な違いについて

・理系&文系の適性について

・大変なこと&つらいこと

 

「生産技術」「生産管理」

どちらもよく聞く職種ですが、具体的な違いをはっきり答えられる方は少ないのではないでしょうか。

  

機械メーカーで生産管理

自動車部品メーカーで生産技術

2つの職種を両方とも実際に経験したことがある私が実際の経験談をもとに解説していきます。

 

それではさっそくみていきましょう。

 

生産技術とは?簡単に

生産技術とはその名の通り生産に関する技術部隊です。

高品質の商品をいかに低コストで製作できるかを考えます。

量産前製品の生産準備業務や既存工程・設備の改善などが主な業務になります。

設備知識や図面読解力など多数の能力が必要です。

 

生産管理とは?簡単に

生産管理とはその名の通り生産に関する管理部隊です。

計画通りにお客さんへ製品の納入ができるように日程の調整を行います。

お客さんへの納入納期・在庫を管理しながら生産計画を作成するのが主な業務になります。

Excelの知識やコミュニケーション能力が必要です。

 

生産技術と生産管理の大きな違い

最も大きな違いはものづくりの工程への関与の有無です。

他にもいろいろ言う方もいると思いますが

私自身実際に両職種を経験してこの違いを強く感じました。

 

生産技術」は、ものづくりの工程を作り込みます。

条件出しや設備改造など、まさに「ものづくり」に直結する仕事内容です。

 

「生産管理」は、ものづくりの準備と後工程を管理します。

製品づくりをする前の材料と完成品の出荷数管理などものづくり工程外での重要な管理業務になります。

 

違いはあるものの、どちらも重要な業務であるということに変わりはないです。

 

理系・文系の適正

名前だけきくと

生産技術は理系

生産管理は文系

といった印象を受けがちですが理系・文系問わずどちらでも活躍できます。

現に私は、機械系の理系大学を卒業していますが生産管理としての勤務経験があります。

それでもやはり

生産技術は「技術」という言葉がつく点からも大多数の企業は理系出身の方を配置する傾向がありますが

 

生産技術で重要な設備関連の知識

例えば

インターロックやエリア―センサーなど生産技術で使用する知識は、理系でも大学で学ぶことは少ないので

生産技術の業務の中で「理系でよかった!」と感じることってあまりありません。

その為

一から経験をしっかり積むことで文系出身の方でも十分活躍できます。

なんならスタートラインも文系・理系で大きく変わらないかと。。。

 

具体的に大変・つらいこと

仕事である以上、「生産技術」「生産管理」どちらも大変でつらいことは当たり前です。

ではどちらが大変か。つらいか。気になるところですが

両職種を経験した私からしても甲乙つけがたいです。

なのでここは私のそれぞれの職種での経験談を交えて、具体的に事例を挙げながら紹介します。

 

生産技術

量産設備のライン立上げ業務の時です。

ライン・設備を立上げの際は製品の量産日に合わせた日程が組まれています。

納期厳守しなければお客さんにも多大な迷惑が掛かりますし会社に損失を与えてしまう可能性もあります。

 

そんな中で設備トラブルが起きた場合。

当然これは想定外・予定外のことですが。。。

基本的に納期は延びないと思ってください。

厳密にいうと日程は余裕を持たせてあったり(他の部署の工数を削ってもらう)することが多いので少しは延ばせることが多いですが

お客さんから追加要求などがない時は基本的に納期は最初に提示されたものと変わりません。

 

と、なると。。。

納期厳守の為に残業や休日出勤で対応しなければいけません。

設備異常などのトラブルは仕事の残りボリュームが見えづらいです。

その為「もしかしたら全く間に合わないのでは?」などと

先の見えづらい仕事に対して納期は決まっている。

このプレッシャーが生産技術の苦しいところです。

さらにはこのライン立ち上げの対応をしつつ、既設ラインに不具合が起きたら対応するというめちゃくちゃ具合(笑)

作成しなければいけない資料も多いです。

 

生産管理

どの案件でもそうですが日程を組んでおり、すべての部署が生産管理の立てた日程で仕事を進めなければいけない為

言わば生産管理は絶対王者

と言いたいところですがそうもいきません。

強い決定権を持っているからこそ他部署にも強く意見されることが多いです。

例えば

量産まで1年(12ヶ月)の案件の日程を下記のように立てたとしましょう

設計:5ヶ月 生産技術:6ヶ月 検査:1ヶ月 

当然実績から必要な工数をはじき出して妥当な振り分けをするのですが

 

★この日程を見て各部署の反応★

★以前より設計が難しい、人がいないなど変化点を理由にもう1ヶ月でいいから日程を伸ばしてほしい。むしろ6ヶ月はないと不可能(設計)

★正直ギリギリですがこの日程でできるよう努力します。これ以上の納期短縮は厳しい。(生産技術)

★さすがに1ヶ月はきつい。もう1ヶ月必要だ(検査)

実際に上記のコメントのような状況になった場合

 

全部署のご機嫌+実現性を考慮し、上手くまとめれますか?

本当にこんな感じですよ。生産管理って(笑)

 

「いつも〇〇の部署ばっか納期伸ばしやがって。」など不満の声が出ないように

各部署に、頭を下げながら上手にお願いをして日程を組んでいきます。

ここで大事なのは良好な関係ですね。

どの部署でもそうですが生産管理は特に人付き合いが重要な部署だと感じます。

 

やりがい

やりがいは両方あります。

どちらも難しい大変な職種になるので大きな案件を乗り越えるたびに成長を実感。

やりがいを感じることができると思います。

「やりがい」を仕事に求めるのであれば「生産技術」「生産管理」は両方おすすめです。

ひとつひとつの案件の準備~量産までの期間が長い分、無事終わった時に大きな達成感が得られます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。

「生産技術」「生産管理」について

大きな違いはものづくり工程への関与の有無

理系・文系は関係ない

生産技術は納期のプレッシャーがきつい

生産管理は各部署からのプレッシャーがかかる

両方とも違和感と大きなやりがいはある

似ているようで違う職種。

  

まあ仕事ってどんな職種でも大変ですよね。

あくまで「生の声」ということで経験から、素直に大変だと感じた部分も記事にしました。

両職種とも

忙しい大変さ以上の達成感・やりがいを感じられる瞬間があるのがすごくいいところですね。

特に「やりがい」を求めて就職・転職をご検討中の方はぜひ

職種の候補に「生産技術」と「生産管理」を入れることをおすすめします。

 

以上、経験談を交えながら生の声をお伝えさせていただきました。

ぜひ参考になればと。

 

それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました