第二新卒と中途の違いを理解することで転職活動は必ず有利になる

転職

第二新卒と中途の違いを理解することで転職活動は必ず有利になる

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

第二新卒採用と中途採用の違いって何?

どっちが転職活動で有利なの?

 

そんな疑問に

第二新卒&中途の両方で転職経験のある私が答えます。

 

【本記事の内容】

・第二新卒採用と中途採用の違い

・第二新卒採用と中途採用はどっちが有利なのか 

・転職を成功させるコツ

 

転職活動をはじめる前に理解しておきたい
第二新卒採用と中途採用の違い。

違いを理解することで転職活動を有利に進められるかもしれません。

私もこの違いを十分理解してから転職活動をしたことで

「第二新卒」として転職に成功しました。(待遇面アップ)

 

転職活動において

「第二新卒」と「中途」はどちらもよく耳にしますが別のものと考えるべきです。

これからあなたは「第二新卒」「中途」どちらで転職活動をしていくべきなのか。

本記事で明らかになりますよ。

 

それでは、さっそくみていきましょう。

 

第二新卒と中途の違い(権利編)

「第二新卒」とは新卒で企業に就職したが、短期間で転職を目指す人々のことを言います。

世間的には新卒入社後2~3年が妥当と言われています。

この対象者を採用することを「第二新卒採用」といいます。

一方

職務経験がある人を採用することを「中途採用」と言います。

つまり

第二新卒の有資格者は中途採用の募集にも応募・挑戦することが可能です。

 

大きな違いは、職務経験の年数かと。

 

第二新卒と中途の違い (面接編)

「第二新卒」と「中途」の違いをみていきましょう。

 

・第二新卒採用

第二新卒ではビジネスマナー習得の有無やポテンシャルを中心に評価します。

職務経験が浅いため、企業側は即戦力という考え方をあまりしません。

長い将来を見据えた若手の人員補充なので入社後の定着率も特に気にします。

 

・中途採用

中途採用は「即戦力」という考え方が主です。

これまでの職務経験を活かして早期活躍を期待されています。

そのため

面接の質問は業務に関する深堀りがほとんどです。

 

営業であれば取り扱っている商品の知識や販売実績。

提案方法やのお客さんの種類など。

技術であれば使用しているCADなどのプログラム。

調整ができる設備のメーカー・型式など。

 

どんな知識を持っているのか、生かせる知識はあるか。

早期戦力として活躍できる人材なのかを採用担当者は見極めます。

  

 

 

有利なのは

「第二新卒」と「中途」有利なのはどちらなのか。

これに関しては、企業の求めている条件が第二新卒なのか中途なのか。が大きく影響します。

 

第二新卒歓迎の求人

これに関しては文字通り第二新卒者が有利になります。(中途の人も面接で期待以上のパフォーマンスをすれば採用の可能性は十分あります。)

と、なると中途採用にも挑戦できる第二新卒対象者が有利に感じるかもしれませんが

実はそうでもありません。

 

中途採用の求人

第二新卒者も挑戦できますが、面接で相当高いパフォーマンスが必要です。

なぜか。

職務経験の少ない第二新卒者が企業の求める「即戦力」として活躍できるのか疑問です。

仕事のスキルの高さ=職務経験年数というのはひとつの指標になりますので

第二新卒者がこの点において非常に不利になります。

 

あなたが採用担当の人事になったとして考えてみてください。

「即戦力」の人材を採用するとしたら職務経験が1年弱の人材を書類通過させるでしょうか。

他に同内容の職務を10年経験している人の応募があれば、そっちを面接で確認したくなりますよね。

「手強い高スペックのライバルが溢れている」というのが中途採用の難しいところです。

 

そのため

どちらが有利かに関しては企業の募集内容によって変わります。

 

転職成功のコツ

重要なのは 

「自分の立場を理解する」

「企業が求めている人材を意識する」

第二新卒に関しては対象者が限定されていますので、まずは自分が対象者なのか確認してください。

(対象外だった場合は中途として面接に望めば問題ないです。)

 

第二新卒対象外の場合

「即戦力」を求める企業が見たいのはあなたの現状のスキルです。

面接官の評価に影響の少ない話をしても時間の無駄になるだけです。

時間が限られた採用面接の中で自分のスキルを少しでも多くアピールすることを心がけましょう。

「自分の持っている資格や普段の業務・実績とその経験が転職後にどのように生かせるか」

という点を意識した面接の準備が転職成功の鍵になります。

 

 

ラッキーな第二新卒の対象者の場合

ビジネスマナーやポテンシャルはもちろんのこと

第二新卒の採用面接では入社後の定着率に問題がないことを必ずアピールしましょう。

第二新卒=早期離職検討者になるので、採用担当者が入念に確認するポイントのひとつです。

 

あなたが第二新卒の対象者だった場合は第二新卒歓迎の求人への応募を積極的にしましょう。

求人を調べたらたくさん出てきますし、エージェントに伝えても紹介してもらえます。

権利期限がある第二新卒にはメリットが多く

この特権を最大限に生かすことが転職成功の鍵になります。

また

第二新卒は権利者が限られるため穴場です。

採用予算に余裕のある大企業が積極的に第二新卒を募集したりと

キャリアアップも狙えますよ。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめです。

 

・第二新卒と中途の違いは
 企業から求められる能力と職務経験年数

・第二新卒と中途は募集要項によって優位性が変わる

・企業が求めている人材を意識した
 面接の準備をすることが転職成功の鍵

 

みなさんが理想のキャリアプランを描けることを願っています。

 

それでは、このへんで。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました