転職は「逃げ」ではない明確な理由とは。早い決断が成功を掴むコツ!

転職

転職は「逃げ」ではない明確な理由とは。早い決断が成功を掴むコツ!

 

<strong>あつザウルス</strong>
あつザウルス

転職は「逃げ」って言う人がいるけど

実際そうなの?

転職を考えているんだけど。。。

  

そんな悩みに答えます。

 

本記事の内容

・転職は「逃げ」ではない明確な理由

・転職を成功させるコツ

 

転職は「逃げ」なんてのは過去の話です。

現職への不満を解消できる「転職」は

決して「逃げ」ではなく「挑戦」「改善」であり

ピンポイントで欲しい条件に合致する人材を確保できる中途採用は企業からの需要も高いです。

 

そんな「転職」ですが

いざ、しようとなると不安だらけでなかなかはじめられないという人。多いのではないでしょうか。

転職すると

「待遇が下がる」「逃げ癖が付く」などさまざま悪い噂から

なかなか一歩が踏み出せず

「転職」に興味はあるけど牽制してしまい、なかなか転職活動をスタートできない状況が1番もったいないです。

 

転職に対してまだまだ理解ができていない人も多く

特に「転職は逃げ。だから自分は転職しない!逃げない!」

そんな考えを持っている人へ読んでほしい記事になります。

 

それでは、さっそくみていきましょう。

 

逃げの転職について

実際、転職はすべて「逃げ」です。

「逃げるが勝ち」なんて言葉がありますがまさにその通り。

転職を考えたくなる状況と解決策をみていきましょう。

 

状況

 

・人間関係・評価

上司と合わない。を筆頭に部署間の人間関係など。自己評価では高い成果を出していても年功序列で評価されないなど。

 

・仕事内容

やりたくない仕事をやっている。想像していた業務内容と異なる。

新卒入社後の配属ガチャに失敗したなど。

 

   

・労働時間・健康面

毎日深夜まで残業するなどして自由な時間がない。有害物質の使用で健康面が心配。など。

 

・待遇面

昇給面の不満。

こればかりは組織である以上、インセンティブのない会社の場合は自分での改善が難しいかと。

 

解決策

 

・相談する

人事部に不満点を相談する。部署異動の依頼をする。

パワハラ関係は、会社の相談窓口に相談する
(ない場合は社外)

 

・転職する

自分の求めている条件に合った求人を見つけることができる最善の手です。

不満の多い会社からは、さっさと逃げだしましょう。

 

転職は「逃げ」ではなく「改善」

「不満な点を改善する」

日常生活で当たり前にやっていることですが
転職も同じです。

 

日常で不満なことを改善したら「逃げ」になりますか?
→全くなりません。

転職もこれと同じで

待遇面に不満があるのなら、より待遇の良い企業へ行けばいい。

仕事内容が不満なら、やりたい仕事に変えればいい。

というような単なる改善です。

 

「不満」を抱えたまま定年までの果てしない道のりを耐えきれますか?

仕事の改善(転職)をして、より自分に合った仕事を見つけることが◎です。

 

転職する旨を伝えた際に「逃げるんだ」なんてこと言う人がいたら

「へぇー君は逃げれないんだねっ」って
返してやりましょう(笑)

「逃げる」という表現が出る時点でその人も会社に不安を感じているはずなので心に刺さるでしょう(笑)

  

転職のメリットが明らかに大きい

転職することで間違いなく起こるのが

「今の不満な職場から新しい職場に変化する」です

これだけでも十分すぎるメリットですが

これに加えて転職でキャリアプランはやり直せますし、自分の興味がある会社で勤務できます。

また

新卒と違って入社時に部署・仕事内容が
明確になっているのも◎

  

デメリットとしては転職回数を重ねるごとに転職しにくくなるがありますがメリットの多さを考慮すると気にならないでしょう。

 

「転職したい」は自分ではなく会社が悪い

最近では、採用サイトで新卒入社3年以内の退職を
「離職率」として「%」で表記することが多いです。

この離職率は「転職したい」と感じた人の割合という考え方もでき

転職理由の大多数は会社側にあります。

 

例えば1年目から年収1千万もらえたらよほどのことがない限り退職しないですよね?

これは極端な話ですが

すべての企業が魅力的な労働条件の下で雇用できていれば転職市場はここまで活性化していません。

待遇面・環境面。理由はさまざまですが企業の努力で労働者の「転職したい」は減少します。

そのため

あなたがもし「転職したい」と思っているのならそれは大半会社が悪いです。

 

人員不足で辞めずらいって人。いい人すぎますよ。

人員不足も会社の責任。

あなたが気にすることは全くないので気持ちを強く持ちましょう。

 

先を見据えた時「会社への情け」で
一生後悔することがあります。

 

「感謝」は大切ですが自分の「未来」を見据えた
良い選択をしましょう。

  

仕事はやり直せる

転職って何回でもできます。10回以上転職経験のある人だっています。

筆者も現在27歳ですが、すでに3社目で勤務中です。

限度はありますが、失敗を恐れず行動する方がメリットが多いです。

 

経験はすべてが実績になるので無駄にならず経験値に。

やり直せるというのは挑戦できるということです。

30代でも40代でも挑戦できる世の中です。

 

自分に合う会社を見つけるコツ

会社が雇用者からの要望に100%答えるのは不可能です。

それでも

少しでも多くの要望を満たす会社を求めて自分に合う会社を探すわけですが

これもコツがあります。

無駄な会社への応募・面接は時間がもったいないです。

効率の良く転職活動をしましょう。

 

転職先を検討する時は

① 絶対に譲れない希望条件

② ①以外の希望条件

③ 企業に求める項目(希望条件)の優先順位をつける

※①と②は何個あってもOK

但し、①が多すぎるとかなり分母が減るので注意。

この①~③を意識して転職活動すると◎

まず候補を全体から①を満たす会社だけに絞り、さらにその中から②をより多く満たす会社を優先順位を考慮しながら見ていくことで自分に合う会社を絞りやすくなります。

 

ちなみに

「すべて自分で決めれるのが自分に合う会社だ」という人は起業して社長になってください(笑)

  

転職成功のコツ

「早い決断」が最も重要です。

今の会社が自分に合わないと感じた時点で「転職」を考える時代です。

大転職時代と言われるほど、さかんな転職市場にはお宝求人が山ほどあります。

条件の良い人気の求人ほどすぐにクローズしてしまうので

「決断」は早ければ早いほど◎。

 

特に入社後まもない若者であれば「第二新卒」の権利を有する場合があります。

転職をかなり有利に進めることができる

この「第二新卒」は成功の大きな鍵となることも。

 

  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「転職」する決断はできましたでしょうか。

まとめです。

 

・転職は「逃げ」ではなく「改善」であり
 日常で不満点を改善するのと同じこと

・「転職したい」はあなたではな
 会社が悪いので気にせず辞めればいい

・後悔しないためにも現職への情けはほどほどに

・自分に合う会社を効率よく見つけて転職活動をする

・「決断」するのは早ければ早いほど良い

  

今の仕事(会社)が自分に本当に合っているのか
今一度考えてみてください。

よく考えると改善したい部分が見えてくるかもしれません。

 

みなさんが理想のキャリアプランを描けること願っています。

 

それでは、このへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました