おしゃれな丸型まな板がおすすめすぎる件(栗原はるみさんプロデュース)

インテリア・日用品

栗原はるみさんプロデュースの丸型まな板がおしゃれすぎて使いやすい件

毎日の料理をする方。
まな板ってめちゃくちゃ使いますよね。
まな板といえば四角形をイメージする人が大半だと思いますが。。


今回は私が愛用している丸型のまな板を紹介したいと思います。

インテリアとしてキッチンをおしゃれになる丸型まな板。
早速見ていきましょう。

栗原はるみさんとは?

栗原はるみさんは静岡県出身の料理研究家です。
生活雑貨ショップ「share with Kurihara harumi」を展開する株式会社ゆとり空間の社長も務めておりキッチン雑貨店生活雑貨などのプロデュース業務もされています。
三井アウトレットパークジャズドリーム長島、滋賀竜王店にもお店を構えているとても有名な方です。

丸型まな板が選ばれる理由

●おしゃれ

まな板は四角!これを覆したおしゃれな見た目。
キッチンに置くと可愛くてインテリア用品としての役割も。

●使いやすい


丸いまな板って使いやすいイメージがないと思いますが使ってみるとあら不思議。
実は使いやすいんです。

奥行きがあるのでまな板から食材がこぼれにくい!というのが料理をしていて1番嬉しいです。
私も実際に使用して使いやすさを実感しています。

●洗いやすい

丸いのでお皿を洗う感覚でサラッと洗えちゃいます。
洗い物の負荷が少しでも減るのは嬉しいですよね。

材質のおすすめは?


栗原はるみさんプロデュースの丸型まな板には材質が2種類あります。

私が愛用しているのはプラスチックですが丸型には木製もありますので合わせて紹介します。
自分に合った方を選んでください!

●プラスチック製

★メリット
・軽い比較的安価

・漂白剤が使える

・手入れが簡単

・おしゃれなデザインが多い

・水はけが良い

★デメリット

・刃当たりが弱いので包丁が刃こぼれしやすい

・食材を切るとき滑りやすい

・傷が付きやすく目立つ

・切るときの音が大きい

・耐熱性が低い

●木製


★メリット 
・食材を切るとき滑りにくい

・熱湯消毒できる

・刃当たりが柔らかく包丁が痛みにくい
 ←手が疲れにくい

★デメリット

・比較的高価

・漂白剤の使用が奨励されていない

・カビが生えることがある

などが挙げられます。

ちなみに栗原はるみさんプロデュースのまな板ラインナップにはないですがゴムを使用したまな板もあるので参考程度ですが材質:ゴムのまな板のメリット・デメリットもまとめておきますね。

●ゴム製

★メリット

・弾力があり傷が付きにくい

・刃当たりが良い

←包丁が傷みにくい

・手入れが簡単

・熱湯消毒が可能

・漂白剤が使える

・水はけが良い

★デメリット

・重い

・耐熱性が低い

※一見ゴムが一番優秀?と思いますが重いというのがかなり大きなデメリットになると思います。

個人差はありますが毎日洗うとなると大変で重くて腕が疲れちゃうかと。。。

丸型まな板を使用した感想

購入した時におしゃれだったので友人に見せようと撮影した写真です。

この時はちょうど自炊の頻度も高くなってきていてワクワクが止まりませんでした(笑)

実際に使ってみると個人差はあると思いますが私の意見としては

「使いやすい!!」

丸型だと四角型より上下の幅が広いので切った食材を上に寄せといて次を切る。

1人暮らしだとまな板を回しながら3食材ほどいっぺんにまな板に載せて切ることもでき

四角型では上下からこぼれてしまっていた食材をしっかりキャッチしてくれます。

また、壁のフックにかけて保管しているのでパッと見はおしゃれなインテリア用品です。

栗原はるみさんの丸型まな板はココが良い!

●色が選べる

栗原はるみさんプロデュースの丸型まな板ですがネイビーとマスタードの2色から選ぶことができ、どちらもおしゃれです。

ちなみに私はカラー:マスタードを愛用しています。←どうでもいい情報

●自分に合ったサイズを選べる

まな板サイズも3サイズ展開されています。

小(直径24.5センチ) 中(直径30センチ) 大(直径35センチ)

ゆとりの空間通販サイトでは

3人以上暮らし →大サイズ

2人暮らし   →中サイズ

1人暮らし   →小サイズ

がおすすめされています。

あくまでおすすめですので参考程度に。

ちなみに私は1人暮らしで中サイズを愛用しています。

なんなら大サイズでもよかったかなぁと思っているくらいなのでサイズ選びは個人の好みで良いと思います。

●高い抗菌効果

表面だけでなく素材そのものに抗菌剤が練りこまれており抗菌効果が絶大です。

傷がついても内側まで抗菌効果は作用しており

プラスチック製まな板の問題点の一つである包丁で傷が付きやすいという点をしっかりとカバーしています。

●両面使い

※表面の凹凸に注目です

両面どちらも使用することができます。材質の特性上、においが移ることは考えにくいですが

食材によって使用する面を分けることが可能です。

←使い分けは面の色で一目瞭然ですね!

●細かい工夫が盛りだくさん

まな板上部に穴があいておりフックに引っかけて保管できます。

表面にわずかな凹凸を設けることにより食材が滑りにくくなるようになっています。

←水はけ、乾きやすさも◎

結論:栗原はるみさんの丸型まな板は買って正解だった!

「いい買い物した」愛用している身からするとこの一言に尽きる。

このまな板の良さというのは品切れ状態の通販サイトが多いという点と購入者の商品レビューの評価とコメントからも伝わると思います。

私もまな板の購入を検討している時、最初は丸型に抵抗があったけど商品レビューのコメント欄を読み漁った結果購入を決意しました。小サイズが奨励されている1人暮らしでも中サイズにしたのはコメント欄でもうワンサイズ上にすれば良かった。。。という意見を参考にしたからです。

今では中サイズにして良かったと思っています。

←最後に余計な話をしてしまいました(笑)

以上、私が愛用しているおすすめまな板の紹介でした!

栗原はるみさんの丸型まな板。ぜひチェックしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました