おしゃれで手入れ不要な観葉植物(フェイクグリーン)がおすすめすぎる件(インテリア)

インテリア・日用品

観葉植物を検討中のあなたへ

お部屋にアクセントがほしくて

観葉植物が欲しいけど。。観葉植物って。。。

●毎日の水やりが大変
●枯れたときどうしよう
●虫が来るんじゃないの?

こんなイメージから断念している方。。。

私も最初は思いましたよ。。。
そもそもめんどくさがりの自分が観葉植物を管理できるわけない。
むしろ枯らしてしまうので植物がかわいそう。。。
観葉植物なんて必要ない!!

最初はそう思いました。

しかしこの度ワンルームで一人暮らしすることになり「お部屋に緑のインテリアがほしい」

そんな衝動にかられた結果。。。

ででーん!!買ってしまいました(笑)

※撮影場所は実際の私の家です


どうですか?これ(笑)

おしゃれすぎませんか?(笑)


お部屋に緑があるだけでだいぶ印象が変わりました!

ちなみにこれ
水やり不要!枯れない!虫こない!
この3連コンボを確約しています。
え?なにそれ?それならほしいんだけど!(笑)
植物も時代と共に進化してるの?(笑)

気になりますよね!笑
さっそく紹介していきます。

フェイクグリーンとは?


私が部屋に飾っているこの観葉植物!?の正体は。。。。!
「光触媒」人工観葉植物!

もしくは「フェイクグリーン」なんて言ったりもします。

ん?光触媒?人工観葉植物?
ツッコミどころが満載だと思います。。。w
人工ってことは造花?作り物?

←はい、そうです。その通りなんですが

この「フェイクグリーン」

品質も非常に高く、多くの人に愛用されています。

フェイクグリーンが選ばれる理由

ーー光触媒人工観葉植物ーーー
光触媒の人工植物は太陽や照明の光を使って
消臭・抗菌・防汚などのさまざまな効果を発揮します。

お部屋のおしゃれなインテリア用品としてだけでなく消臭までしてくれるのはうれしいですよね。
さらに本物にかなり近い見た目でできているので
パっと見では全く見分けがつきません。
本記事の冒頭でもお見せしましたがもう一度私が愛用している光触媒人工観葉植物「パキラ」の写真を載せておきますね。

どうですか?本物にしか見えないでしょう。
このクオリティで
水やり不要!枯れない!虫こない! ←くどい(笑)
ってもう最高です。。。

最近では某家具屋さんや某100円ショップなどでも販売されており身近なところでも

おしゃれなインテリア用品として手に入れることができるようになっています。

また、冒頭でも少し触れましたが

観葉植物のデメリットである

●毎日の水やりが大変
●枯れたときどうしよう
●虫が来るんじゃないの?

の心配がなく価格も100円~と観葉植物と同等の

相場で購入できることが人気の要因でしょう。

観葉植物×フェイクグリーン違いは?

観葉植物とフェイクグリーンの違いは?ーー

観葉植物とフェイクグリーンでは何が違うのでしょうか?

共通のメリット
・空気が綺麗になる
・お部屋の緑のインテリアとして追加できる

などが挙げられます

観葉植物orフェイクグリーンの購入を検討する1番の要因としてはやはりインテリアの部分ではないでしょうか。
ここはどちらでも網羅できますので問題は次です。

観葉植物だけにあるメリット

•毎日の水やりなど管理するのが楽しい
•観葉植物の成長を楽しむことができる
•本物の植物!

ざっとこんなところでしょうか。
まず、人工植物は当然ですが成長しません(笑)

フェイクグリーンはインテリアで置き物のイメージになるので
成長していく過程を楽しみたいという方は迷わず

観葉植物を選択してください!


そして本物にこだわりたいという方へですが
実際にこのフェイクグリーンを愛用している私から

言わせていただくと                   

パッと見では正直本物と見分けつきません(笑)

しかしですね。。。。
ででん!


やはり近づいてドアップで見ると偽物に見えなくもないような。。。。笑
まあここらへんは好みになると思います。

他にも重量の違いとして
観葉植物「重」×フェイクグリーン「軽」の運びやすさなどもありますが

ーー1番の違いーー
「お世話が必要かどうか」でしょう。

※枯れる×枯れないも大きな違いではありますがフェイクグリーンも観葉植物は枯れないものの葉っぱの変色等の劣化は考えられるので注意が必要です。

結論:個人的には圧倒的フェイクグリーン推し

個人的にはフェイクグリーンが◎

育てたい!成長を楽しみたいという方以外は圧倒的フェイクグリーンです(ざわざわざわざわざわ)

そもそも観葉植物の購入目的は大半がインテリア目的だと思うので今後フェイクグリーンの需要はどんどん伸びていくでしょう。


実際に光触媒人工観葉植物(フェイクグリーン)を愛用している身としては強くオススメできます。

そもそも緑のインテリア用品って中々ないですよね。。

そんな悩みもフェイクグリーンで解決です◎

最後に、本記事がみなさんの観葉植物(フェイクグリーン)検討の良い材料となれば幸いです。


毎日のお世話は苦手だけどインテリアとしてお部屋に緑が欲しい!観葉植物がほしい!


そんな人はぜひ一度、光触媒人工観葉植物(フェイクグリーン)調べてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました